事例検討会メモ

プログラムの事例検討会では単なる事例報告ではなく,下記のような視点を用いてディスカッションを行う予定: ■すで...

ステークホルダー分析

プログラム評価を行う際には,評価結果のユーザーを明らかにすることが有用である。特に,評価者が組織等から評価を依...

研究テーマ(ゼミ)

2017年度開始に向けて,学部ゼミの研究テーマが決定した。今後、先行研究を深め、データ収集計画を立て、分析を行...

effect size メモ

効果量(effect size)の平易な説明法について、大学院の時に効果量を大切にする先生から聞いた話のメモ:...

コラボレーション

本務校でのコラボレーションについて: ■ 来年度,大学院科目「コミュニティとキャリア」を同僚の田中先生と共同担...

レクチャー

2017年度からプログラム評価論に関するレクチャーを本務校の大学院(法政大学キャリアデザイン研究科)の「コミュ...

業績の更新

自身の業績(リサーチマップ,グーグルスカラー)を更新した。今後は海外ジャーナルへの投稿にコミットすることが必要...

評価の学び(メモ)

複数のチョコレートのうち(4種類),どのチョコレートが最も購入する価値があるか,どのチョコレートを購入すべきか...

安田ゼミ

法政大学キャリアデザイン学部の安田ゼミでは,「活動をカタチに,効果をデータに」をモットーとしたプログラム評価の...

ライフキャリア支援

ライフキャリア支援の理論やモデルを考えるうえで重要となるのが,キャリア支援(キャリア介入:Career Int...

SCM

サクセスケースメソッド(SCM)¹ ²を用いた危機介入の効果に関するデータ収集の準備を継続している(共同研究)...

Teaching of Evaluation

プログラム評価の学びについては継続的に検討しているが,①評価を行うにあたっての社会的文脈(コンテクスト)および...

SCM

サクセスケースメソッド(SCM)では,プログラムの有効性(および効率性)が実施後のインタビューを通して検討され...

ロジックモデル

ロジックモデルには合理性と矛盾点がある(合理性:あらゆるプログラムを可視化できる,矛盾点:各要因の単位ユニット...

レクチャー

本務校の法政大学キャリアデザイン学部では主に,ゼミのなかでプログラム評価の学びを取り入れているが,他大学での学...

可視化ツール

演習型のワークショップ等でプログラムを可視化する際に使用している演習ワークシートです。ご自由にご活用ください(...