学部ゼミ

グループウェア

【演習・研究テーマ】   

このゼミではライフキャリアに関する多様なテーマを扱います。皆さんが興味・関心のあるテーマは人それぞれ違うので,各自がゼミで取り組みたい内容を自主的に選んでいきます。その際,研究内容が単なる自分の関心事というだけでなく,より広く社会の関心事(例:社会課題)であることが大切であると考えています。自己満足の研究で終わってしまわないように,つまり「そんなことが分かってどうするのか(so what?)」あるいは「そんなことを研究して何になるのか(for what?)」とならないように,できるだけ自分だけでない誰か(他者)のライフキャリアの質を高めるための問いを立てるところからスタートしてください(参考)。またライフキャリア研究は様々な視点をもとに進めることが出来ますが,どの結果がいわゆる正解なのかは分かりません。正解など存在しないとも言えるでしょう。しかし正解が分からないからこそ大切にすべきものがあります。それが研究の手続き,即ち「方法論(methodology)」です。このゼミでは,コミュニティ心理学プログラム評価などの視点を参考にしつつ(関連リンク関連論文①関連論文②),しっかりとした方法論に基づくライフキャリア研究を行うことをゴールとします。

 

【おおまかな年間スケジュール】
■4月 新学期開始
■5月~7月 ゼミ:研究テーマの検討(3年)・卒論準備(4年)・懇親会
■8月 夏休み・ゼミ合宿集合写真
■9月 2年生入ゼミ・合同ゼミ・自己紹介・歓迎会
■10月 研究テーマ(仮)の検討(2年)・ゼミ論・卒論準備(3年・4年)
■11月~12月 合同ゼミ(2年・3年)・卒論追い込み→提出(4年)・忘年会
■1月 新年会・学生研究発表会・ゼミ論提出(3年)
■2月~3月 春休み・追いコン

 

【履修単位について:合計14単位】
■2年秋学期ゼミ(2単位)
■3年春学期・秋学期ゼミ(各2単位)
■4年春学期・秋学期ゼミ(各2単位)
■卒業論文(4単位)
※ ゼミ単位は自動登録ではないため,学期ごとに履修登録してください。

 

【卒論テーマ:4年生】
■ 大集団によらないコミュニティのあり方:心理的コミュニティ感覚から考える(河村)
■ キャリアとしての「専業主夫」に関する研究(木村)
■ コロナ禍が人々のWell-Beingにもたらした影響(杉野)
■ 外国にルーツのある子ども達の適応について(田口)
■ 共同体意識が競争観と幸福感に及ぼす影響に関する研究(竹前)
■ ホスピタリティを生み出す人材教育:東京ディズニーリゾートを中心に(寺田)
■ コロナ禍によるコミュニティ感覚の変化と幸福度の関係(土井)
■ SAプログラムによる異文化教育の効果に関する研究(福井)
■ 所属集団の多様性が個人のアイデンティティ確立と他者受容に与える影響について(松下)
■ ストレスフルな現代人をサウナが救うのか(森)
■ 在日ペルー人の学習環境とライフキャリアに関する研究(阿部-留学後)
■ グローバル化による労働市場の変化と異文化理解力(安田-留学後)


【ゼミ論テーマ:3年生】
■ 模索中

 

 

【OBOGの卒論テーマ
4期生(2020卒)
3期生(2019卒)
2期生(2018卒)
1期生(2017卒)