研究活動

下記の研究を中心に取り組んでいる。随時,加筆予定。


■ プログラム評価の専門性向上のための研究開発
・学部・大学院におけるプログラム評価教育
・評価のキャパシティビルディングの研究
・プログラム評価の学びのための授業設計・フィールド実習の体系化
【NOTE: プログラム評価

 

 


■ ベストプラクティス・アプローチ(BPA)に基づくプログラム評価研究
・教育機関・企業組織におけるキャリア支援プログラムのBPの評価研究
・BP概念の成立背景および多様な実践場面(営利・非営利)での応用に関するレビュー
・対人・コミュニティ援助におけるBPAの実装・運用方法の検討
・Total Quality Management(TQM)のためのベンチマーキング手法の開発研究
・エビデンスベースド・アプローチとBPAの効果的な相互補完のあり方の研究
【NOTE:ベストプラクティス

 

 


■ Ageingと社会参加
・超高齢社会におけるエンパワメントと参加(participation)
・定年後のライフキャリアの多様性およびライフキャリア支援の質向上
・地域参加を目的として実施されるプログラムの開発・評価研究
・ソーシャルキャピタルとエンパワメント概念を用いた社会参加の分析

 

 


■ エンパワメントを基盤としたキャリア支援
・エンパワメントが大学生のライフキャリアの質に及ぼす効果
・心理的エンパワメント尺度の開発とライフキャリア支援のアウトカム研究
・コミュニティ心理学の教育実践のためのエンパワメント事例の検討
【NOTE:エンパワメントコミュニティ心理学

 

 


■ 共同研究
・シニア世代の退職後の就労支援に関する研究
・問題解決学習(PBL)を通したチームワーク・チームエンパワメントの評価研究
・フードサービス業界における離職防止・リテンション施策の検討
・大学間の連携に基づく異なる実践のベストプラクティスの共有方法の検討
・医療ソーシャルワークにおける退院支援実践のコンサルテーション研究

 

 

 


【関連研究費】

ベストプラクティス・アプローチに基づく心理教育プログラムの評価研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 – 2020年    代表者: 安田節之


心理教育・社会福祉サービス領域におけるプログラム評価実践に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2009年 – 2010年    代表者: 安田節之