Systems of Care(システムズ・オブ・ケア)

『The System of Care(またはSystems of Care)』は,メンタルヘルス・ニーズのある子どもに向けて,「分類別(categorical)」の心理サービスではなく,「システム(system)」としてサービスを提供するプログラムとして,1990年代に米国で開発され発展を遂げてきた(参考:Stroul & Blau, 2008)。

もともと重度のメンタルヘルス・ニーズを抱える子どもへのサービス提供モデルとしてシステムズ・オブ・ケアの発想が広まったが,その後,予防科学(prevention science)やコミュニティ心理学の領域における様々な対人・コミュニティ援助プログラムにもその枠組みが活用されていった。特に,コミュニティ心理学が価値基盤とするエンパワメントや社会生態学的(social-ecological)な視点との親和性が高いため(Cook & Kilmer,p. 395),組織構造的基盤(参考:安田,2011,p. 109;安田・渡辺,2008,p. 41)としてコミュニティ介入を構造化する際に,システムズ・オブ・ケアの枠組みの活用が期待できる(Brannan, A., Brashears, F., Gyamfi, P., & Manteufel, B., 2012, p. 468)。

その一方で,RCTによるプログラム評価の結果,端的に,「システムズ・オブ・ケア」と「従来の(カテゴリカルな)プログラム」とに,クライエント・レベルでの効果の違いが認められなかった,という報告がなされた(例:Bickman, L., Noser, K., Summerfelt, W., 1999)。The Fort Bragg Demonstration Projectと呼ばれたこの大規模評価プロジェクト($80 million)では,‟システム・レベル”(i.e., アウトプット)でのサービス提供の有効性は確かめられたものの,‟クライエント・レベル”(i.e., アウトカム)での有効性は確認されなかった。

効果が認められなかった理由に関して多くの議論が起こったが(Bickman, 1996; Bickman, 1997; Hoagwood, 1997; Behar, 1997; Weisz, Han, & Valeri, 1997; Sechrest & Walsh, 1997; Friedman & Burns, 1996),クライエント(子ども)への効果が認められなかった理由として,プログラム評価の観点からは,①プログラム構造における「システム」と「アウトカム」との間のロジック(logical chain)が長すぎた,②クライエントのニーズとサービスのミスマッチが起こっていた,③実験室でコントロールされた条件では「効果あり」と考えられるが(i.e., efficacy),コミュニティの文脈での実施においては(i.e., effectiveness),その効果が保証されなかった,という3点が挙げられた(Bickman, Noser, Summerfelt, 1999, p. 200)。

 

ディスカッション:

  1. 上記の①から③までの「効果なし」の理由の検討。理論上,実施上,評価上の問題(例:安田・渡辺,2008,p.87-90)を大枠として考える。
  2. The Fort BraggではRCTを用いた比較(i.e., システム vs. カテゴリカル)による評価が行われたが,システムズ・オブ・ケアを「組織構造的基盤(infrastructure)」として評価する場合,どのような枠組みやモデルが適応が可能であるか。その際の,評価可能性アセスメントはどのように行うべきか。内部評価(internal evaluation)を行うことは可能か。

 

 

References

Stroul, B., & Blau, G. (eds.) (2008). The System of Care Handbook. Paul H. Brooks Publishing.

Hernndez, M., & Hodges, S. (2003). Building upon the theory of change for systems of care. Journal of Emotional and Behavioral Disorders, 11, 19-26.

Brannan, A., Brashears, F., Gyamfi, P., & Manteuffel, B. (2012). Implementation and development of federally-funded systems of care over time. American Journal of Community Psychology, 49, 467-482.

Kilmer, R., & Cook, J. (2012). Systems of Care: New partnerships for community psychology, 49, 393-403. American Journal of Community Psychology, 49, 393-403.

Bickman, L., Noser, K., & Summerfelt, W. T. (1999). Long-term effects of a system of are on children and adolesents. Journal of Behavioral Health Services and Research, 26, 185-202.

Bickman, L. (1996). A continuum of care: More is not always better. American Psychologist, 51, 689-701.

Weisz, J., Han, S., & Valeri, S. (1997). More of What?: Issues raised by the Fort Bragg Study. American Psychologist, 52, 541-545.

Hoagwood, K. (1997). Interpreting nullity: The Fort Bragg Experiment: A comparative success or failure? American Psychologist, 52, 546-550.

Sechrest, L., & Walsh, M. (1997). Dogma or Data: Bragging rights. American Psychologist, 52, 536-540.

Behar, L. (1997). The Fort Bragg Evaluation: A snapshot in time. American Psychologist, 52, 557-559.

Friedman, R., & Burns, B. (1996). The Evaluation of the Fort Bragg Demonstration Project: Alternative interpretation of the findings. Journal of Mental Health Administration, 23, 128-136.

Bickman, L. (1997). Resolving issues raised by the Fort Bragg Evaluation: New directions for mental health services research. American Psychologist, 52, 562-565.