学部ゼミ

グループウェア

【演習・研究テーマ】   

2015年度からスタートしたゼミです。このゼミではライフキャリアに関する多様なテーマを扱います。皆さんが興味・関心のあるテーマは人それぞれ違うと思います。各自がゼミで取り組みたいというテーマを自主的に選んでいきます。一点だけ,そのテーマが単なる自分の関心事というだけでなく,より広く社会の関心事(例:社会課題)であることが大切であると考えています。自己満足の研究で終わってしまわないように,つまり“そんなことが分かってどうするのか(so what?)”あるいは“そんなことを研究して何になるのか(for what?)”とならないように,できるだけ「自分だけでない誰か(他者)のライフキャリアの質を高めるための視点」から問いを立てるところからスタートしてください(参考)。ライフキャリア研究は様々な角度から進めることが出来ますが,このゼミではコミュニティ心理学プログラム評価などの視点を参考にします(参考)。

 

【おおまかな年間スケジュール】
■4月 新学期開始
■5月~7月 ゼミ:研究テーマの検討(3年)・卒論準備(4年)・懇親会
■8月 夏休み・ゼミ合宿
■9月 2年生入ゼミ・合同ゼミ・自己紹介・歓迎会
■10月 研究テーマ(仮)の検討(2年)・ゼミ論・卒論準備(3年・4年)
■11月~12月 合同ゼミ(2年・3年)・卒論追い込み→提出(4年)・忘年会
■1月 新年会・学生研究発表会・ゼミ論提出(3年)
■2月~3月 春休み・追いコン

 

【履修単位について:合計14単位】
■2年秋学期ゼミ(2単位)
■3年春学期・秋学期ゼミ(各2単位)
■4年春学期・秋学期ゼミ(各2単位)
■卒業論文(4単位)
※ ゼミ単位は自動登録ではないため,学期ごとに履修登録すること

 

【卒論テーマ:4年生】
■ コンプレックスの文化論に関する研究(新井)
■ ファン行動と性格特性に関する研究(粟屋)
■ 若年層における自殺予防因子の研究(伊藤)
■ 男女別学教育が大学生のキャリア構築に及ぼす影響(内井)
■ フーリガンからみる若者の集団心理(上山)
■ SNSとそれに伴う人々の心理を活かしたまちづくり:地元川越に注目して(菅家)
■ 大学生のレジリエンスとポジティブ・ネガティブ認知の関係性(木津)
■ 集団がもたらす個人への心理的影響に関する研究(木ノ上)
■ キャリアデザインにおける成功に関する研究(垂水)
■ 地元愛の発生要因に関する研究(野澤)

 

【ゼミ論テーマ:3年生】
■ 大学生の被服行動と同調意識に関する研究(赤坂)
■ スペイン語圏の在日外国人子女のキャリア形成に関する研究(阿部[芙])
■ 未定(SA留学)(阿部[茉])
■ タイトル(伊藤)
■ マウンティングがもたらす対人関係への影響に関する研究(菊田)
■ 社会的ナッジを活用した大学生の学習・社会行動の質向上(熊谷)
■ ホラー映画における恐怖感と快楽との関連性(櫻井)
■ 未定(SA留学)(鈴木)
■ 異質性との接触が個人の幸福感に及ぼす影響に関する研究(寺本)
■ 若者のインターネット利用が人の攻撃性に及ぼす影響(永井)
■ 大学生のLGBTに対する差別意識に関する研究(根目澤)
■ 承認欲求に関する研究:野球ファンとアイドルファンとの違いに着目して(橋本)
■ グローバル化による労働市場の変化と異文化理解力:外国人労働者受け入れ拡大の観点から(安田)

 

【OBOGの卒論テーマ
2期生
1期生