コミュニティ心理学研究の学び(ステップ3:CP研究のレビュ―)

ステップ3では,CPの研究内容と方法論に関する学びに焦点が当てられる。研究のレビューにあたっては,学習者は基本的な調査研究法(例:心理学研究法)を習得し,一定の知識やスキルを有していることを想定している。したがって,レビューする論文が,相関分析を用いた調査研究なのか,実験・準実験デザインに基づく介入研究なのか,あるいは質的研究デザインを用いた調査研究なのか,といった基本事項を踏まえつつ,研究内容や研究プロセスに関する批判的なレビューが行われていく。

安田節之(2017,p.177)コミュニティ心理学研究の質を高めるための教育開発:何をどう伝えるか コミュニティ心理学研究   20(2) 174-183.